会社概要 業務内容 バイオマス事業 モリンガ 薪販売 お問合せ

 
はじめに
木質チップ燃焼炉のご紹介
廃油ストーブ『ステルナ』
モリンガ事業部

木質チップ燃焼炉(SANQA-38K)のご紹介

  

[1]小型トルネード燃焼方式バイオマス燃焼炉SANQA-38Kについて
 木質チップを燃料として、この燃焼炉は約38KWの熱量を連続して発生させることができます。
 熱量の利用方法としては、温水ボイラーと組み合わせて温水を得ることが挙げられます。またスターリングエンジンST-5と組み合わせることで、約2.5KWの電力を得ることができます。


[2]コンポーネント組み合わせによる各種コージェネシステムの構成
(1)温水ボイラーとの組み合わせ:図-1
 弊社製温水ボイラー(型名:SANQA-HW)を組み合わせることで次の温水が得られます。
 供給水温20℃の場合: 45℃ 16L/min


(2)スターリングエンジンST-5との組み合わせ:図―2
潟Xターリングエンジン社製ST-5と組み合わせることで、連続約2.5KW(100V 50 or 60Hz)の電力と温水(45℃  12L/min 夏場)を得ることができます。

 

(3)熱風発生器との組み合わせ、バイオマス乾燥機との組み合わせ
現在開発中の熱風発生器、バイオマス乾燥機と組み合わせることで用途、機能を拡大できます。詳細につきましては別途発表させていただきます。
熱風発生器は小規模のハウスの暖房を行なうことが出来ます。また、バイオマス乾燥機は燃料に供するバイオマスの乾燥を行なうことが出来ます。


[3]トルネード燃焼方式について

 バイオマス(木質チップ)を燃焼炉内で炉内壁に沿ってトルネード(旋廻)燃焼させることで、燃料が炉内に留まる時間が増え、また旋廻することで燃料と空気との均一な接触が図れ、完全燃焼に近い燃焼状態が得られます。そして内部温度は約900℃〜1100℃が維持されダイオキシン等の発生が防げます。


[4]バイオマス燃料について



写真―2

 

この燃焼炉に適するバイオマス(木質チップ)を写真―2に示します。廃材や間伐材をクラッシュしたものです。ペレットなど2次加工したものに比べて安価に得られます。
弊社では木質チップのテスト製造(小規模)も行なっております。製法については弊社までお問い合わせください。


[5] 小型トルネード燃焼方式バイオマス燃焼炉SANQA-38Kの概略仕様


項目

仕様

摘要

燃焼炉内容積

99L(400φ×790)

法規制区分:小型燃焼炉        (適用外)

燃焼形態、炉内温度

旋廻燃焼

炉内温度:900〜1100℃ 内壁:耐熱、断熱キャスター

送風量

 

AC100V 200W送風機 主燃料と混合して炉内に供給

消費電力

AC100V 600W

送風機、灯油バーナー、燃料供給機構など

主燃料

木質チップ

消費量:10KG/h 適用木質チップは[4]参照のこと

ホーッパー容量

100L

木質チップ満杯で約3時間稼動。燃料自動供給

発熱量

38KW(平均)

 

補助燃料

灯油

点火時〜炉内温度800℃到達でOFF。燃焼期間:点火より約30min間。燃料消費量:約2L(30min間)

外形寸法

図―4による

改良等により寸法変更を行なう場合あり

排ガス

 

別途

燃焼炉の外形寸法



図―4燃焼炉の外形寸法

[6]システム構築上の参考資料
ここでご提案しておりますシステムは再生可能なバイオマスを燃料とした小型分散型システムです。このシステムは次のようなメリットがあります。
   
  特徴

  1. 場所をとらず、比較的簡単に設置できます。
  2. 嵩張る木質チップが得られる場所に設置することで、燃料の運搬費用などが削減できます。
  3. 用途に応じて必要なコンポーネントを組み合わせてシステム構築ができます。
  4. スターリングエンジンST-5を組み合わせることで、発電電力の一部で燃焼炉稼動に要する電力を自給できます。(ただし始動時は除く)

 

 


お問い合わせ
詳細資料、価格、ご相談等は下記にご連絡ください。
〒208-0034
東京都武蔵村山市残堀5-134-1

TEL 042-520-8175  FAX 042-520-8176
  有限会社 サンカ
中町 正司